ACANTHUS        アカンサス     
キツネノマゴ科ハアザミ族の小低木。葉が造形的で美しく、ヨーロッパでは古代ギリシャ・ローマの建築様式の装飾に多く使われる。
 
APRON  エプロン   
テーブルの天板から下に垂れ下がっている一構成部分。収納家具では最下段から下がっている板を指し、フリーズまたはスカートとも呼ぶ。
 
ARABESQUE  アラベスク   
原意は「アラビア風の」であるが美術用語ではイスラム美術の一様式で植物体の連続した装飾文様をいう。
 
ARCADE  アーケード         
円柱や支柱に支えられて連なるアーチ。
 
ARCADE BACK  アーケードバック  
笠木と座の間にアーケードの効果を出した椅子の背。ルイ16世のモチーフ。
 
BALL&CLAW FOOT  ボールアンドクロウフット     
強国を象徴する玉や宝石をつかんでいる鳥や竜の鈎爪型をした家具の脚。ヨーロッパではロマネスク様式の家具や、17.18世紀のオランダの美術作品にみられ、18世紀後半にはジョージ王朝様式イギリスで流行した。
 
BALLOON BACK  バルーンバック  
ヘップルホワイト様式の円形または輪状の椅子の背。
 
BALUSTER  バラスター      
階段やバルコニーの手すり棒を支える垂直の柱。
 
BAMBOO  バンブー
竹材特有の節のある外観が17〜18世紀のヨーロッパでは中華趣味の影響で流行した。ヨーロッパとアメリカでは木材の挽き物として模造された。
 
BAMBOO-TURNED     バンブー・ターンド      
竹材の小さな節に似させた木の挽き物細工で18〜19世紀に家具に使われ流行した。
 
BANDING       バンディング   
テーブルの天板や引出しの前板などの飾り縁や縁取りとして使われた突板。木目や色彩が対照的な象嵌でつくられる。クロスバンディング、ストレートバンディング、ヘリンボーンバンディングなどがある。
 
BARLEY SUGAR TWIST        バーリーシュガーツイスト        
17世紀中期から家具の脚や貫として流行した挽き物細工。大麦からつくられた捻じり飴が由来とされている。
 
BAROMETER        バロメーター   
気圧計・晴雨計。
 
BEDSIDE CUPBOARD        ベッドサイドカップボード        
寝室用のポットを入れるベッドの横の小さなユニット。ポットカップボードとも呼ばれる。
 
BENTWOOD FURNITURE  ベントウッドファニチャー
曲げ木家具。蒸気をあて柔らかくした木材を湾曲した型に入れて形成する。1857年オーストリアのマイケル・トーネットによって考案された。パーツで構成されノックダウン式のため大量生産・大量輸送が可能になり大流行した。
 
BLIND FRETWORK  ブラインドフレットワーク      
浅浮彫のように背景が抜かれていないフレットワーク。フリーズや引出しの前板に用いられる。
 
BOBBIN TURNING  ボビンターニング       
糸巻きのようなふくらんだ形の挽き物細工。家具の脚や横木に使われる。
 
BOW BACK  ボウバック     
18世紀後期ごろのウインザーチェアにみられる背が輪のように湾曲した状態でアームや座につながっている。
 
BOW FRONT   ボウフロント   
キャビネットやサイドボードの前部が弓なりに膨らみを持った形状。18世紀中期ごろから流行した。
 
BREAKFRONT        ブレイクフロント         
主に収納家具で中央部が他の部分に比べ張り出しているか引っ込んでいる形状。18世紀のブックケースによくみられる。
 
BUFFET          ビュッフェ      
サイドボードまたはカップボード。
 
BULBOUS LEG        バルボスレッグ      
球根状の脚。メロンやパイナップルのような形をした挽き物脚。イギリス、フランス、オランダ、イタリアで初期ルネッサンス時代に家具の支柱や脚の意匠として多用された。メロンバルブやカップアンドカバーとも呼ぶ。
 
BUN FOOT        バンフット      
ボールをすこし平らにしたような形状の家具の脚。フランドル様式、後期ルネッサンス様式とイギリスの17世紀後期の家具に使用された。フレミッシュフットとも呼ぶ。
 
BURL        バー    
木の幹や根元のあたりにできるこぶ状の突出部で、木目や節が混在しており非常に美しい杢目が出る。板材として取れないため薄くスライスした突板として使用される。
 
CABOCHON        カボション      
フランス語で大きな鋲や釘の意。円形または卵形の宝石のカットを指し彫刻装飾としてロココ様式の家具にみられる。時には卵形の周りを装飾的な彫刻が取り巻く。
 
CABRIOLE LEG        ガブリオールレッグ   
動物の脚をモチーフとした家具の脚。フランス語で跳ぶ、はね回るの意。ひざやくるぶしなど足の部分をかたどって家具の脚や支柱にしたもので、17世紀末から18世紀のデザイナーに大変人気があり、イギリス、フランス、ベルギー、イタリアの家具に広く用いられた。優美なS字曲線が特徴でクイーンアン様式ではよくひざ部分に貝殻の彫刻で飾られ、初期ジョージアン様式では獅子やカボション、植物などの彫刻で飾られた。
 
CANE        ケイン 
イネ科の草や竹、籐のような植物の茎を網目状に編んだり織ったりしたもの。
 
CANED-BACK CHAIR        ケインドバックチェア   
円または楕円の背枠にケインを編み込んだ椅子。
 
CARTOUCHE        カルトゥーシュ
紙の端が捲れたような、開いた巻物の形の装飾。また様式化した盾形や卵形を指し、さらに凝った装飾枠も指す。コーニスによく使われる。
 
CARVING        カービング      
彫刻。彫る、刻む、えぐる、材料を張りつけるなどの方法による装飾。
 
CAST IRON        キャストアイアン
鋳鉄。炭素の含有率2%以上の鉄。
 
CASTER        キャスター        
家具の脚や底に使う小さな車輪。
 
CHIMERA        キメラ  
竜に似た神話上の動物で装飾に使われる。ルネッサンス様式、アンピール様式、19世紀後半のデザインの中で家具の脚や支柱に使われた。
 
CHINA         チャイナ         
東洋から輸入された磁器製品のヨーロッパでの名称。
 
CHINOISERIE        シノワズリ      
17世紀後半から19世紀初頭にかけてヨーロッパで流行した中国趣味の美術様式。色鮮やかで絵画的、漆など独特な素材や装飾が特徴。家具ではチッペンデール様式が大きな影響を受けている。
 
COCK BEADING        コックビーディング
浮き出し玉縁。半円形の突き出した繰型。引出しの縁周りに使われる。
 
COLUMN        コラム   
円柱の構成材で上部を支える柱。古代ローマ、ギリシャの建築様式を指す。
 
COMB BACK        コムバック      
主にウインザーチェアの背もたれの一種。形状がコム(くし)に似ていることから呼ばれる。
 
CRESCENT STRETCHER        クレッセントストレッチャー      
アーチ型または弓型の横木。18世紀からウインザーチェアなどに使われた。
 
CROMWELLIAN CHAIR        クロムウェリアンチェア     
イギリス共和国時代(1649-1660年)の簡素で飾り気のない椅子。挽き物脚、低い背もたれ、革張りの背と座は鋲留めなどが特徴。
 
CYLINDER TOP        シリンダートップ   
デスクまたはビューローで巻き込み式のカバーのついたもの。
 
DECORATED PERIOD        デコレーテッドピリオド     
14世紀イギリスのゴシック建築様式を指し、流れるような輪郭の幾何学的な隙間飾りと星型のヴォールトが特徴。
 
DENTIL  デンティル          
コーニス下の一連の歯状装飾。ロバートアダムやヘップルホワイトなどの古典様式や新古典様式のデザイナーが家具やインテリアのディテールのひとつとして用いた。
 
DISK TURNING  ディスクターニング         
家具装飾にみられる円盤型の挽き物。
 
DOLPHIN  ドルフィン        
フランス皇太子Dauphinの象徴であったイルカの装飾。愛と俊敏性の象徴。
 
DOVETAIL      ダブテイル      
蟻継ぎ。引出しの前板と側板の接合に用いる継ぎ手の一種。
 
DROP HANDLE        ドロップハンドル   
引出し等の引き手となるペンダント型の金具。
 
DUTCH LEG        ダッチレッグ   
球と楕円の平盤が一定の間隔で交互に並んだ木製の挽き物脚。
 
ESCUTCHEON        エスカッション     
盾型文様 あるいは装飾のある鍵穴金具を指す。
 
FAN BACK  ファンバック   
ウインザーチェアの背もたれの一種。形状がファン(扇)に似ていることから呼ばれる。
 
FESTOON       フェストゥーン
花綱装飾。吊り下げられた二点間の逆さアーチに花、葉、実などの花型模様がほどこされたもの。家具においては花見などによる図柄が彫刻されたり描かれたりする。
 
FINIAL        フィニアル      
家具の上部につける天頂部の装飾。
 
FLAP        フラップ         
ライティングビューローの立てられた天板やゲートレッグテーブルなどの垂れ板を指す。
 
FLUTING  フルーティング  
柱や家具の脚に平行に刻まれる装飾溝。
 
FRENCH POLISH  フレンチポリッシュ      
シェラックを使った塗装技術で日本ではタンポ擦りと呼ばれる。綿を布で包んだものにシェラックを染みこませ木材の表面に何層にも塗り重ねる非常に繊細な塗装方法。
 
FRET WORK   フレットワーク
糸鋸盤でおこなう木工細工や透かし彫りを指す。格子状の連続文様装飾。
 
FRIEZE        フリーズ         
古典様式の建築でコーニスの真下にくる帯状平面部分。
 
GADROON  ガドルーン      
楕円形を連ねた帯状装飾。装飾面から浮き出し玉縁装飾に似ている。天板の縁によく使われる。
 
GAINE        ゲイン       
下部にいくに従って細くなる四角形の柱、または台座。装飾的な支柱には頂部が人の頭や胸像となったものが多い。
 
GARLAND  ガーランド       
花綱模様。花綱や花冠を円形につないだもの。
 
GILD FURNITURE     ギルドファニチャー      
初期クイーンアン様式にみられる金彩仕上げの家具。同時期フランスで使われた。
 
GILDING  ギルディング     
金付け・金メッキ 家具や小物、建物の細部を金箔や金粉で装飾する技術。
 
GREEK KEY        グリークキー   
雷文様の一種 交錯するかぎ型の連続模様。
 
GUILLOCHE        ギロッシュ      
輪繋ぎ文様・網縄文様 輪が連なる、または交錯する連続文様。
 
HANDLE  ハンドル 
家具に使われる取っ手・引手。
 
HEART BACK        ハートバック   
ハートの形をした椅子の背。シールドバックと同様にヘップルホワイト様式の背もたれによくみられる形状。
 
HIGH RELIEF        ハイレリーフ   
高浮彫り 背景と比べると全体の半分ほど掘り出された彫刻装飾。
 
HINGE        ヒンジ 
蝶番のこと。
 
HOOF FOOT        フーフフット   
双蹄形の脚 ルネッサンス様式後期からみられるモチーフでクイーンアン様式に多く見られる。
 
HOOP BACK        フープバック   
背柱と笠木が一体の輪状の椅子の背。
 
HUSK ORNAMENT        ハスクオーナメント      
燕麦をモチーフとした装飾模様でさやからさやへと垂れた鎖のような模様を指す。
 
INLAY         インレイ         
象嵌細工 表面に模様を彫り込み各部分に合わせてカットした他の素材をはめ込む装飾技法。はめ込む素材は木片、金属、貝殻、象牙など多岐にわたる。人物や自然の動植物を絵画的に寄木で表現したものをマーケットリーと呼ぶ。
 
IVORY         アイボリー      
象牙 インレイやマーケットリーの素材として用いられる。
 
KNOCKED DOWN  ノックダウン   
分解組み立て式 家具を組み立てずに出荷する方法で、場所、労力、出荷費用を抑えることができる。ベントウッド家具が先駆け。
 
LADDER BACK          ラダーバック   
はしご状の椅子の背。背柱に対し数本の横桟を渡したもの。
 
LEAVES  リーフ     
テーブルの天板を伸ばしたり広げたりできるようについている補助天板。ドローリーフテーブルやゲートレッグテーブルの垂れ板やエクステンションテーブルの追加天板を指す。
 
LINENFOLD        リネンフォールド         
折り曲げた布、または巻いた布に似せた彫刻装飾。ゴシック様式を代表するパネル装飾。
 
LITHOGRAPH        リトグラフ
石版画のこと。
 
LOPER  ローパー    
引出し腕木。ビューローのフラップを支える支持棒で通常フラップ下の引出しの両脇に仕込まれる。
 
LOZENGE       ロザンジュ      
後期チューダー王朝時代に大変好まれた菱形の装飾。ダイヤモンドオーナメントとも呼ぶ。
 
LUNETTE       ルネット         
三日月型の意味で家具では半円形の帯飾りに用いられる連続模様として彫刻や象嵌のモチーフとして使われる。
 
LYRE   ライル 
竪琴。ギリシャ装飾にみられる弦楽器で椅子の背やテーブルの脚部にモチーフとして使われる。
 
MARQUETRY        マーケットリー
寄木細工。様々な樹種の薄板を張り合わせて図案の模様に切り出しパーツを作り、色彩の異なるパーツを図案の通りに組み合わせてシート状にし家具に貼り付ける装飾技法。使われる素材はインレイと同様木材以外に金属や貝、象牙なども用いられる。図案は植物や動物を中心に楽器や杯、人物画まで絵画的で繊細なものが多い。
 
MELON BULB        メロンバルブ   
家具の支柱に用いられた厚い球根状の挽き物装飾。バルボスレッグとも呼ぶ。
 
ORMOLU        オルモル         
金メッキ加工を施したブロンズ製のオーナメント。家具の装飾品として17〜18世紀のフランスで流行した。
 
PAD FOOT      パッドフット   
猫脚などの先端につけられる平らな円盤状の足先。
 
PAPER SCROLL        ペーパースクロール
椅子の背の笠木の両脇にみられる巻き紙を表した彫り模様。チッペンデール様式の椅子に時折みられる。
 
PARQUETRIE         パーケットリー
マーケットリーと同じ技法の寄木装飾で市松模様などの幾何学模様を指す。
 
PATERA  パテラ     
薔薇など花の浮き彫りがされた薄い円盤または卵形の装飾。
 
PATINA        パティナ         
古艶。長年外気にさらされたり日常に繰り返されるワックス掛けや艶出しでできたあらゆる素材の古つや・光沢。アンティークを評価する非常に重要な要素のひとつ。 
 
PAW FOOT        パウフット      
おもにライオンのような鈎爪のある哺乳類の形に彫られた足先。
 
PEDIMENT        ペディメント   
もとはギリシャ建築の寺院・その他の建造物の天頂の三角部分。家具ではキャビネットやブックケースなどの頭部に使われデザインは様々ある。
 
PEDISTAL      ペディスタル   
彫像や壺などの台座・土台。
 
PIECRUST      パイクラスト   
天板の縁がパイの波型のへりのように盛り上がった彫刻。
 
PIERCED CARVED        ピアスドカーブド
透かし彫りで特に立体的に彫刻された装飾。
 
PIERCED FRETWORK        ピアスドフレットワーク
透かし彫り 平面的な透かし彫りを指し椅子の背やペディメントなどの装飾に使われる。
 
PIGEONHOLES        ピジョンホール
ライティングビューローなどのセレクタリーにみられる小さな仕切り棚。
 
PILLER        ピラー      
柱。一般的にコラムと同意。
 
REEDING  リーディング     
柱や家具の脚に連続して刻まれる半円筒形の溝。フルーティングが凹面型の溝に対しリーディングは凸型である。
 
REFECTORY   リフェクトリー
修道院や学校その他施設の食堂。
 
RELIEF        レリーフ         
彫刻方法で浮き出したように彫り込む装飾。
 
REPRODUCTION       リプロダクション         
複製 原作の形や細工、装飾などの忠実な写し。その意味で価値のあるものとして認められ、偽造模造の意味を含まないもの。
 
RESTORATION         レストレーション         
復元 破損した部分を修復する、または欠けたり削れた部分を補ってできるだけ原型に近い形や状態に戻すこと。
 
RIBBON BACK        リボンバック   
リボンが交差するような模様に彫刻した椅子の背。チッペンデール様式の椅子の背にみられる。
 
ROSETTE       ロゼット/ロゼッタ        
中央から放射状に広がる円盤装飾。太陽の光条を表す。
 
SADDLE SEAT  サドルシート         
サドルに似たくぼみのある座部。厚みのある座部をもつウインザーチェアなどに用いられる。
 
SALON  サロン       
大邸宅や宮殿の中にある大広間。社交・談笑の場として使われた。
 
SARBER LEG        サーベルレッグ
反った刀剣のように優美な曲線をもった脚。前脚は前方に後脚は後方に湾曲する。
 
SERPENTINE        サーペンタイン
語源はラテン語で這うもの=蛇からきていて、蛇行していることを指す。家具では通常中央が突き出ていて両脇が凹型に引っ込んでいる反曲線が2つつながった様。
 
SHELL        シェル 
貝をモチーフとした装飾。
 
SHELLAC       シェラック      
亜熱帯地域に生息するラックカイガラムシが樹木に付き分泌する樹脂状の物質を原料としたフレーク状のもの。シェラックをアルコールで溶かしたものをシェラックニスと呼び、家具の塗料として使われた。
 
SHILD BACK        シールドバック
盾の形をした椅子の背。18世紀中期ヘップルホワイトが普及させた。
 
SLAT BACK        スラットバック
いくつかの水平なレール、または横日をもつ椅子の背。=ラダーバック
 
SPADE FOOT        スペードフット
足先がトランプのスペードを逆さにしたような形状をした脚。ヘッペルホワイトによるデザイン。
 
SPINDLE        スピンドル      
芯棒や回転軸の意味で家具では椅子の背などに使われる挽き物の支柱を指す。
 
SPLAT        スプラット      
椅子の背にある中央の木のパネル。
 
STRETHER     ストレッチャー
テーブルや椅子などの脚をつなぐ補強材。
 
STRINGING        ストリンギング
装飾のまわりを際立たせる象嵌による線状の装飾。
 
SWAG        スワッグ         
花綱装飾 =FESTOON
 
SWAN NECK PEDIMENT       スワンネックペディメント
2つのS字曲線からなる割れ破風。通常中央に小さな台座や花瓶などの装飾がされる。チッペンデールやクイーンアン様式の時代に流行した。
 
SWIVEL        スイベル         
椅子の座や甲板の下が回転する機構。
 
TAMBOUR        タンバー         
巻き上げ式や巻き込み式のデスクの蛇腹状の扉。
 
TAPERED LEG        テイパードレッグ         
先細りの家具の脚。
 
TOP RAIL  トップレイル     
椅子の笠木 =CRESTING RAIL
 
TRACERY       トレーサリー   
ゴシック様式のアーチ型の窓の上部にはめ込む組子。狭間飾り。椅子の背や扉の装飾としても使われた。
 
TREFOIL  トレフォイル      
三つ葉模様。ゴシック様式のトレーサリーなどに用いられたシロツメクサを模したデザイン。
 
TRIPOD        トリポッド      
三本脚。軸柱身から3本の脚がつく様。
 
TUDOR ROSE        チューダーローズ         
赤バラと白バラを重ね合わせた紋章。赤バラを家紋とするランカスター家と白バラを家紋とするヨーク家の対立を収束させたヘンリー7世以降、チューダー朝の紋章となっている。
 
TURNING       ターニング      
挽き物細工 =SPINDLE
 
TWIST TURNING  ツイストターニング
らせん状の挽き物細工。16世紀後半からフランスとオランダで用いられ、17世紀中期にイギリスにもたらされた。
 
URN        アーン 
かめ・壺 金属、陶器、石などでつくられる大きな装飾容器。
 
URN SPLAT        アーンスプラット         
アーン型(壺・かめ)の椅子の背、中央のパネル。クイーンアン様式の椅子の象徴的なデザイン。
 
VITRUVIAN SCROLL        ヴィトルビアンスクロール        
水平方向の波型渦巻模様。
 
VOLUTE  ヴォリュート       
建築用語で渦巻装飾。

 
Top